平野玲音 ファンクラブ公式サイト

What's new

ウェブサイト「クラシック・ニュース」に最新情報と動画インタビューが載りました。
http://classicnews.jp/c-news/2016/160329-0404.html#3
“ウィーンの音”を求めて 『ぶらあぼ』2016年4月号に、インタビュー「“ウィーンの音”を求めて」が載りました。
(ネット上でも読むことができます http://ebravo.jp/archives/25347
ピアニストのチェロ 2016年4月9日(土)14:00サントリーホール・ブルーローズでの Reine pur 第10回「ピアニストのチェロ」のチケットは、1月5日発売開始です。平野玲音ファンクラブ事務局では、発売前の先行予約も承ります。シリーズ節目の大舞台をどうぞお楽しみに!
お申し込み、お問い合わせは
平野玲音ファンクラブ事務局 080-6552-2949 cello@reine-h.com
2015年10月24日のノイホーフェン・アン・デア・クレムスでの公演が現地のテレビ “Kremstaldirekt” で紹介されました。
http://www.kremstaldirekt.at/?p=2060
Reine pur 第9回 「トリオ 2015年7月18日(土)17:00トッパンホールでの、Reine pur 第9回「トリオ」のチケットが発売開始になりました!ウィーンを始めオーストリア各地で活躍中の「東京‐ウィーン弦楽三重奏団」がいよいよ日本に上陸。公益財団法人日本室内楽振興財団が助成する、室内楽ファン必聴のコンサートです。
お申し込み、お問い合わせは
平野玲音ファンクラブ事務局 080-6552-2949 cello@reine-h.com
モーツァルトの影法師」 2014年11月28日(金)ソノリウムでの Reine pur 第8回「二重帝国の時代」が、「公益社団法人日本演奏連盟 山田康子奨励・助成コンサート」に選出されました。注目の公演をどうぞお聴き逃しなく!
3月21日にウィーンのコンツェルトハウスで、玲音さんが菅野祥子さんと共演した「春なのに」の映像が、NHKのニュースで放送されました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130322/k10013382081000.html (全国放送)
http://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/6043353281.html?t=1363948681105 (岩手で放送されたロングバージョン)
(写真右下の矢印をクリックすると映像が流れます)
「春なのに」のCDを通して、被災地への温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
Reine pur 第5回「アメリカへ」発売開始! (2012.12.22)
モーツァルトの影法師」 2013年5月21日(火)19:00より東京文化会館小ホールで開催される、Reine pur 第5回「アメリカへ」のチケットが発売開始になりました!玲音さんの満を持しての大舞台、お誘い合わせの上、どうか是非聴きにいらして下さい。
お申し込み、お問い合わせは
平野玲音ファンクラブ事務局 080-6552-2949 メールでのお問い合わせはこちらから

甲府公演の日にちが、12月2日(日)に変わりました。 (2012.10.6)
新装版「春なのに」が店頭発売されました!
春なのに Vocal
Violoncello
Piano・編曲
Recording
菅野祥子
平野玲音
呉 睿然
Wien, TONAL
試聴できます
 『百味』2011年7月号に玲音さんが書かれている、陸前高田出身の歌手、菅野祥子さん作詞・作曲の「春なのに」のCDが、装いも新たに店頭発売されました(JMCC-20219、税込1,000円)。当ファンクラブでは、玲音さんの被災者へのチャリティー活動を支えるため、このCDを購入、販売し、収益金を陸前高田の復興のために使って頂いています。こちらでもお申し込みを受け付けていますので、どうか是非ご協力をお願いいたします。
※送料が別途かかります。

お申し込み、お問い合わせは
 平野玲音ファンクラブ事務局
 080-6552-2949
 メールでのお問合せはこちらから。
「 ウィーン便り30 」 アップしました。 (2012.9.7)
スケジュールを更新しました。(2012.03.06)
3月5日(月)7時20分~9時15分、NHK-FM「気ままにクラシック」で、「春なのに」が放送されます(再放送:9日14時00分~15時55分)。(2012.03.03)
エフエム岩手「家族の絆」
 4月25日(月)・26日(火)・27日(水)10:45~10:55放送のエフエム岩手「家族の絆」で、玲音さんがメゾ・ソプラノ歌手菅野祥子さんと共演した歌「春なのに」が流れます。津波で壊滅状態に陥った陸前高田市出身の菅野さんが、故郷の方々を励まそうと作詞・作曲した歌を、台湾出身の作曲家、呉睿然がアレンジ。「レイネ デビュー」「赤いはりねずみ」の録音技師アレクサンダー・グリューンも、「日本の被災者のためなら」と無償でのスタジオ録音を申し出、ウィーンの友情の輪が美しい音楽を作り上げました。
音楽を通して、日本に明るい未来を……
 玲音さんは、日本の大災害を受けたチャリティーの一環として、CD「レイネ・デビュー」「赤いはりねずみ」の売上金から1枚につき500円を、被災した子供たちを援助する   「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」 www.savechildren.or.jp に寄付されます。既にお持ちの方も、是非プレゼントなどにご活用ください。
 お申し込み、お問い合わせは 平野玲音ファンクラブ事務局 080-6552-2949 メールでのお問合せはこちらから。
シリーズ公演''Reine pur''開催について
 CD「赤いはりねずみ」の発売から1年余。長期的な発展を目指し、''Reine pur''と題したシリーズ公演を始めることになりました。
  ''pur''はドイツ語で「純粋な、混じり気のない」などの意味で(''Reine''にも同じような意味があります)、日常的には''Apfelsaft pur''(炭酸なしのリンゴジュース)のように使います。曲目から共演者まですべて自分で選び、だんだんと形を取り始めてきた「私の音楽」を熟成させていくことができれば……という願いを込めました。
  記念すべき第1回は、「モーツァルトの影法師」という副題をつけたユニークなプログラム。 チェロ・リサイタルには珍しい “ モーツァルト ” を陰の主役として、彼と交友を持った作曲家たちの作品を集めてみました。ぎゅっと搾りたて(?)の新シリーズを、是非味わいにいらしてください。
――ウィーンにて 平野玲音
モーツァルトの影法師」「モーツァルトの影法師」 Reine pur 第 1 回 「モーツァルトの影法師」
2011年6月2日(木) 19:15 三軒茶屋 サロン・テッセラ
ハイドン : アダージョ(交響曲第 13 番より)
ベートーヴェン : チェロ・ソナタ第 3 番
ダンツィ : 「ドン・ジョヴァンニ」の主題による変奏曲
パラディス : シシリエンヌ
フンメル : チェロ・ソナタ Op.104
ピアノ : 金子薫

2010年1月20日 発売
赤いはりねずみ ジャケット写真 試聴できます